FC2ブログ
2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.30 (Tue)

ジョイントコンサート①



 過日のジョイントコンサートにおきましては、大変多くの方のご来場
を賜わり、盛大なコンサートとなりましたこと、遅ればせながら心から
厚く御礼申し上げます。


 奇しくも11月23日は、太子町立文化会館あすかホールの17年目の
開館記念日。文化振興協会からの依頼を受け、同じ町内のマリンバ奏者
松崎浩太郎さん(以下、松崎君)と共に、この記念すべき日に演奏させて
いただけたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。


 松崎君とは4歳違い(で僕が年上)、家は200m程という近所。
しかし、校区も学年も違っていたために、出会ったのは今から12年前。
マリンバの伴奏を頼まれたのがきっかけでしたが、今まで聞いたことも
弾いたこともない斬新なマリンバ現代曲に、かなり四苦八苦したことを
思い出します。


 そんな松崎君と久しぶりの演奏だったので、内心とても楽しみでしたし、
当日は多くの方々にご来場いただいて、会場はほぼ満席でした。


 それでは、当日会場にお越しになれなかった方のために?
コンサートの様子を振り返っていきたいと思います。



                   



 司会は大学院生の衣笠梨代さん。彼女の明るい声が会場に響き、
コンサートが始まりました。



第1部  ピアノ~市場誠一~

   シューマン:夕べに、飛翔  
   リスト:愛の夢、ため息
   ドビュッシー:月の光、金色の魚



第2部  マリンバ~松崎浩太郎~(賛助出演:福井音楽教室の先生方)

   安倍圭子:マリンバ・ダ・モーレ、遥かな海、コザックの思い出
   湯山昭:ティヴェルティメント ←マリンバ&アルトサックス
   リムスキー・コルサコフ:くまん蜂の飛行 ←マリンバ4台




 こんな感じでお互いのソロが終わりました。 
休憩の後はいよいよ第3部、ジョイントコンサートの始まりです


 おやっ?「徹子の部屋」みたいなセットになりましたよ??!!





スポンサーサイト
23:32  |  コンサート出演  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.17 (Wed)

ふれあいコンサート


太子町の龍田幼稚園で「ふれあいコンサート」をさせていただきました。
龍田公民館との合同開催ということもあったせいか、多くのご来場者で会場はいっぱい!!
園児の人数よりもたくさんのお客様に、園児たちもビックリしていました。


   龍田幼稚園1




ピアノ演奏、園児たちの歌、オカリナ演奏に続いて、いよいよ今日の“メインイベント”(←自分の中で)
がやってきました!! それは ・・・ 




    合奏!!




園児の合奏ではありませんよ! 演奏は、幼稚園の先生方、公民館長のS様、
地域のピアノの先生TさんAさん、僕は大太鼓と小太鼓を担当という、合計7名での演奏。
トトロの“さんぽ”を大合奏(笑)させていただきました。


普段先生方が合奏することってないですよね~。
園児たちが目を丸~くして見ていたのが、とっても印象的でした。



再びピアノ演奏をして、最後は地域の方々も一緒に
    ♪どんぐりころころ  ♪まつぼっくり  ♪園歌  を歌いました。 


   龍田幼稚園2




終演後、園児一人一人からメッセージつきのお花のプレゼント!!
一生懸命に書かれたみんなの名前(ひらがな)に、胸がいっぱいになりました。

         龍田幼稚園3

  
         素敵な時間を本当にありがとうございました!!







00:01  |  コンサート出演  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.12 (Fri)

町民芸術祭 '10



今年で17回を迎えた「太子町民芸術祭」
例年どおり、華道部門で参加させていただきましたが、今年は三和筒を使って
万年青(おもと)を出展することになりました。
正式な伝統の生け方なので、ぐっと格調高い雰囲気となりました。


    万年青





ちょうど、町内の幼小中学校“学童美術展”も同時開催されていて、
子どもたちの精魂込められた習字や絵画の作品が展示されていました。
近所の子やピアノの生徒たちの作品を目にした時は、思わずじっくりと
見入ってしまいました。
普段のやりとりからは知ることのない、その子の新しい一面が垣間見られ、
ほんと嬉しい気持ちでいっぱいになります。
        

たくさん紹介したいのは山々ですが、今回は「空とぶ大きなアコーディオン」
と題したFちゃん(小3)の絵画・・・音楽を題材にして描いていてくれてたのが
無性に嬉しかったので紹介しますね。

   fumi
          

きっとアコーディオンが不思議な楽器に感じたんだろうなぁ。
とっても物静かでいつもニコニコと微笑んでいるFちゃんの優しさやほのぼのさが
滲み出ている夢いっぱいの作品に、ほっとした気持ちになりました。
Fちゃん、今度はピアノの絵も描いてね!




ということで!
やっぱり、音楽はいいですよね~。
来年は音楽部門にも出演しようかな?!



  





21:19  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.05 (Fri)

こども音楽会②



児童たちの演奏が終わると、いよいよ僕の出番となりました。


キラキラ星変奏曲、エリーゼのために、小犬のワルツ、幻想即興曲・・・
といったクラシックが続いても、子どもたちはほっとした表情で、とても静かに聞いてくれました。



途中にピアノのクイズをして、アニメソングをメドレーで10曲演奏したところ、
歌声が飛び交いはじめて、ものすごく盛り上がりました!! 
  (みんな!テレビの見すぎやで~~!!



そして、今までずっと見学していた幼稚園や保育園のおともだちに登場してもらって、
“バスごっこ”と“どんぐりころころ”を歌ってもらいました。



ここでビックリ新発見が・・・

 “どんぐりころころ”って、池に落ちてしまってドジョウと一緒に遊ぶものの、
  「やっぱり山に帰りたい!」とドジョウをこまらせる場面で終わってしまう
   2番で完結してる曲ですよね?!

 そう思ってたのは僕だけなのか???・・・園児たちは続きを歌い出すではありませんか!!

  
   (3) どんぐりころころ 泣いてたら
      仲良しこリスが とんできて
      落ち葉にくるんで おんぶして
      急いでお山に 連れてった



 ・・・後で先生方にお聞きしたら、3番は2種類あるとかでまたまたビックリ 


   (3´) どんぐりころころ 泣いてたら
       やさしいハトさん 飛んできて
       山まで送って くれました
       どんぐりお礼を いいました



ちなみに、原曲はやっぱり2番までした!(笑)←
現在は、作者不詳で3、3´が全国の幼稚園では歌われているようです。



・・・そんなこんなで楽しい時間はあっという間に過ぎて、こども音楽会が終了しました。



今更ながら、音楽会は大切な教育の機会であることを痛感しました。
それぞれが全く違う楽器や歌声なのに、それが一つになったら、より素晴らしい音楽が生まれる。
相手の音を聞きながら自分も調和して、一つのものを作り上げていくという過程、
心を込めた思いは“音霊”となって、多くの人々の心に届いていく・・・


・・・子どもたちから改めて教えられたような気がしました。
  数日経った今でも、みんなの歌声や合奏は心に深く残っています。


  東栗栖小学校、幼稚園、保育園のみなさん!
  本当に素敵な時間をありがとうございました!!






00:02  |  コンサート出演  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2010.11.04 (Thu)

こども音楽会①


“こども音楽会”に参加させていただくため、たつの私立東栗栖小学校を訪れました

この日は急に寒くなって、家を出る時にはどんよりした厚い雲がかかっていたのですが、
豊かな自然と山々に囲まれた小学校の周辺はぽっかりと太陽の日差しに照らされていました。


学校に到着すると、校舎のまわりに植えられた花々の美しいこと!
校長先生自らお茶を立てて下さり、ゆったりとした気持ちで色んなお話をさせていただきました。



“こども音楽会”とは音楽会の予行演習のことで、現在はこちらが一般的な呼び名となっています。
この学校では各学年1クラスのため、1,2年生、3,4年生、5,6年生が合同となって
合唱と合奏を披露してくれました。 一生懸命ながらも楽しんでいる演奏、きびきびとした入退場、
6年生たちの素早い準備なども印象的で、それぞれの学年のカラーや子どもたちが成長していく
過程を間近で感じさせていただきました。


また、1年生から6年生までの児童全員がひな壇に上がっての全校合唱は、
学校全体がひとつになったような、心のこもった素晴らしい歌声でした。



東栗栖幼稚園と保育園の園児達も見学に来ていて、おにいさんおねえさんたちの
一生懸命な演奏に目を輝かせて見入っていました。



僕が一番印象に残ったのが、「おそすぎないうちに」という合唱曲。
その歌詞と児童たちの清らかで純な姿、そのまっすぐな思いと重なって胸がいっぱいになり、
思わず涙ぐんでしまいました。

22:16  |  コンサート出演  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。